作品

こだわり  現代作品  和風作品  別注品  公募展作品

こだわり


浅井唐木の遍歴について

浅井唐木の拭き漆について

浅井唐木の木画・寄木・木象嵌について

座敷机の構造について

浅井唐木の彫りについて



*浅井唐木の遍歴について

浅井唐木の初代浅井美好(以下、父)が大阪唐木指物を修行した当時は、木工機械がなく手鋸、手鉋、ノミなどを使ってもの作りをしていました。
独立してからは、木工機械を道具として使い始め精度のより良い製品ができあがってきました。
大阪唐木指物は、棚は棚屋さん、机は机屋さん、花台は花台屋さんと分かれています。
父の覚えたのは、棚で棚の職人でした。

1975年頃からは座敷机を作り始め、衝立、屏風などのすべての唐木製品を手がけるようになりました。
その頃に工房も広いところに移転し現在に至っています。
座敷机を作り始めてから漆に関しての問題が起こりました。
棚を作っているときには、あまり問題が無かったようでしたが座敷机では駄目でした。
そこから大阪唐木指物の漆仕上げを時間を掛けて改良しました。詳しくは、下記の拭き漆についてでご説明いたします。
改良を加えてからは問題は無くなりました。

2009年に一人になり色々な展開の模索が始まりました。
製品の方も伝統技法はそのままで今までに無い現代の生活様式に合った物を作るようになってきました。
製品の詳しい内容は、現代作品をご覧ください。
そして販売方法も今までは問屋さんに卸していただけでしたが、他の方法も取り入れております。
これからも伝統を守りながら時代の沿うように努力して参ります。



*浅井唐木の拭き漆について

大阪唐木指物の仕上げは、木地を良く磨いてから着色し漆を刷毛で塗りその上に砥の粉を振り磨くように拭き込みます。
漆作業は、これで終わるかもしくはもう一度この行程をするぐらいです。
後は、家具用ワックス、靴墨、蝋などを混ぜた特性のワックスで、磨き出荷するというものです。
父が仕業したやり方で私も父から学びました。

しかし、これでは棚などは部屋の隅に置いておくだけなので問題は無かったのかなと思いますが、
それが座敷机になりますと実用的な工芸品なので問題があります。
漆によるかぶれ、色落ち、艶がすぐに落ちる、水がこぼれるとか濡れた物を置くと片がのこるなどが起こりました。
大阪唐木指物の仕上げでは、欠陥というか座敷机としては出荷できない状態です。

それから漆仕上げの改良が始まりました。
漆に関する文献を読み、知り合いの方の紹介で漆器の産地にも行きました。
研究を重ね唐木に適した漆仕上げを確立できるようになりました。

大阪唐木指物の仕上げの問題の一つに漆を乾かす室(ムロと言います)が無いことです。
漆は、温度25度、湿度75〜85%が良く乾く環境だと言われています。
梅雨時分は、室が無くても大丈夫ですが、その季節以外は必要です。
漆を扱われているところはその製品の大きさによって室の大きさもここに違います。

浅井唐木での室は、壁面は板を重ね合わせ、中には発砲系の断熱材、扉の部分にも断熱材を入れて作っています。
間口3.6m奥行1.8m高さ2.6m、150×90×35mmの座敷机が6本入ります。
熱源は、電気ストーブにセンサーを取り付け一定の温度を保つようにしました。
湿度は、ステンレスの容器に水を張り、そこに毛布浸けて濡らし持ち上げて吊しておくようにしました。二カ所設置。
こうような室にしても冬場は漆の乾きが悪く、仕上がりも今一つ良くないです。
以前は、冬場も拭き漆をしていましたが、今は11月中頃から3月末までは行っておりません。

大阪唐木指物の漆仕上げの問題の二つ目は、漆の塗り方と回数です。
漆を塗り砥の粉で磨く、それを1回か2回で終わる。
この仕方は、拭き漆技法ではなく漆で艶を出すという感覚だと思います。
拭き漆技法で砥の粉の役割は、光沢を求めるための胴摺りを行う時に使います。
回数も艶を出すという意味で1、2回としていますが、これではカタも付きますし色落ちすると思います。

それを起こさないようにするには、やはり拭き漆の回数を増すことが大切です。
その回数も拭き方も重要で厚塗り過ぎると唐木の木目の良さが失われますし、薄すぎるとカタや色落ちの原因になります。
また室に何回も長時間入れると湿度が高いので、木が水分を吸って膨れ留め切れを起こす場合が出てきます。
個々の問題を考えながらかなり色々と試みた末、唐木の仕上げのベストの回数は6〜9回にたどり着きました。

回数に巾があるのは、拭き方により違います。
拭き込まないと均一にできない箇所は、回数が多いです。
逆に少しの拭きで均一にできる箇所は、回数を少なくします。
それにより回数の多い箇所と少ない箇所とは均一になるように工夫しています。
浅井唐木での拭き漆製品は、総拭き漆をしていますが裏や見えない台の下などは表より回数が少ないです。

拭き漆に使う漆は、生漆(キウルシと言います)を使用します。
生ですから乾燥損ねると腐った状態になり、いつまでもベタベタし漆かぶれや漆剥げの原因になります。
また、生なので保管場所も冷蔵庫などの冷暗所に入れます。
色々な要素で乾かない状態になる時があります。
古くなった漆や、不純物が混ざる、十分に乾かないうちに室から出してしまう、
また材によって違いが出ることもあります。

浅井唐木で使っている本紫檀と花梨では、漆が乾きやすいのは花梨材で本紫檀は乾きが悪いです。
おそらく油を含んでいるからだと思います。
燃やしても分かります本紫檀は良く燃えますし火力もあります。花梨も良く燃えますが、本紫檀ほどではないです。
木地をペーパーで磨き比べても本紫檀の方が油による目詰まり早いですが、艶は良いです。

紫檀は乾きが遅いので室に入れる時間は花梨より長く、また室から出してからも日にちをあけて次の作業に掛かります。
本紫檀も花梨も仕上げはすべて拭き漆を使用し、木地の磨きによる艶と拭き漆の艶の両方を兼ね備えています。
浅井唐木においての拭き漆技法は、私の独学で唐木材の良さを十分に発揮されるように施した仕上げにしています。
当然、従来の調合されたワックスなどは使っていません。

  



*浅井唐木の木画・寄木・木象嵌について

浅井唐木の木画は、寄木と木象嵌で表現しております。
すべて、無垢でしています

寄木について
公募展出品作品の寄木は、木を寄せて象嵌するとか裏板に貼るとかでもたしています。接着剤でベタ付けになります。
棚や仏壇の戸板および机の天板などの寄木は無垢の単体なので、接合部分に雇いサネを入れて接着しています。


木象嵌について
浅井唐木では、木象嵌するのが寄木などの板類とツゲの線の二種類で行います。
ベースの板材に寄木をした板をの形に合わせて堀り込み、埋めます。
ツゲの線象嵌は、ツゲの厚みに合わせて溝を掘り一本一本と埋めていきます。

手作業でツゲの線を埋めていくと線が曲がって続いているところは、彫刻を使い角度を決めて切って合わしているので継ぎ目ができます。
また公募展作品の線象嵌のように側面から上の面に線が続いてところ
(90度のところでツゲは45度同士なるように彫刻とで切り込みます)は手作業しかできないです。




*座敷机(座卓)の技法について

無垢の厚板に足をつけただけのテーブルとか座卓を良く見かけますが、干割れは我慢できても反り・ねじれがひどくなると致命傷で、修理ができない状態になります。
大阪唐木指物では、このような作りはいたしません。

大阪唐木指物技法の特徴は、柱・框(カマチ)に溝を突きそこに板を各品に合った厚みに削り入れて作ります。
枠組みの中で板の伸び縮みができるようにしており、また反り・ねじれを抑える構造です。
それが製品全体の反り・ねじれを抑えることになります。
長年使用しても狂いが少ない形の製品です。

枠組みで巾の広い厚い材を使う座敷机の框は、特別な技法を使います。
それをこれからご説明いたします。

仏像作りでは、仏像内部を空洞にする内刳り(ウチグリ)という技法があります。
何のためにするかと言いますと一番には、材の干割れ・反り・ねじれを防ぐ為に行ないます。
巨像の場合、大幅に重量を軽くすることができることも利点です。
また日本建築でも干割れなどを防ぐ技法があります。
床柱および他の柱も見えないところにクサビ状の切り込みを入れる作業のことです。

工芸の技法でもこのようなことは、用途によって行われています。
他の指物での卓作りでは、卓の全体の反り・ねじれおよび框に干割れを防ぐ為、框を空洞にして所々に桟で持たして作る技法があります。

大阪唐木指物にも座敷机の框が上記のような技法を使っています。
さすがに空洞にしますと強度面に問題があるので、大阪唐木指物では空洞の部分に狂いの少ない材を使います。
浅井唐木では、ニヤトウの柾の無垢材を使用しています。
このような技法によって座敷机全体の反り・ねじれと框の干割れを抑えています。
また框の表面には良い材、裏面には落ちる材を使えるので貴重な材の有効利用もできます。
そして座敷机の足にも干割れを抑えるために、上から下まで15mm前後の穴を貫通させています。

上記の技法(仏像作り・日本建築・指物のすべて)は、干割れ・反り・ねじれを抑えるということで、
完全に防げることは違います。
また、この技法は仏像作り(内刳りをしない仏像もあります)・日本建築・指物(空洞にしない場合もあります)に多く使われています。
大阪唐木指物の座敷机の框もほとんどがこの技法を使っています。

浅井唐木では、お客様のご要望でどうしても框を単体の無垢でと言われる方には、干割れおよび狂いが生じるのと良い材がそろうか分からないリスクを承知いただければ別注でお作りいたします。(価格も変わります)
なお、座敷机の框以外はすべて単体の無垢材です。





*浅井唐木の彫りについて

唐木の彫りの特徴は、木が堅くて丈夫なので細かな彫りができます。
お城の石垣を一つ一つ・屋根の瓦を一枚一枚また花びらも繊細に彫ることができます。

浅井唐木の製品・作品の中で、唯一このような込み入った彫りは唐木専門の彫り師さんに頼んでいました。
色々な図柄を彫り続けた、業界の中でも群を抜いた、浅井唐木のほぼ専属でされていました彫り師さんが2007年に病気で廃業されました。
浅井唐木では、彫り入りの製品は在庫が無くなれば制作終了となります。

ただ、長年に渡り多く彫っていただいたので座敷机に関しては在庫がかなりあります。
棚・衝立類は、ほとんどなくなりました。
製品ページで彫り物の作品が制作終了と明記しているのは、彫りの在庫がなくなり作れない状態にあるからです。