作品



現代作品 > 紫檀エンクロージャー


紫檀エンクロージャー *製造・販売終了
g0201
形/バスレフ
サイズ/W135×D136×H261
ユニット/FE103En 10cmフルレンジ
etc./ターミナル・吸音材100%ウール
内容積/2.87g
材質/本紫檀
仕上/荏油(拭き漆は g0202)

g0211
形/バスレフ
サイズ/W146×D193×H374
ユニット/FF125WK 12cmフルレンジ
etc./ターミナル・吸音材100%ウール
内容積/7.02g
材質/本紫檀
仕上/荏油(拭き漆は g0212)

g0221
形/バスレフ
サイズ/W172×D248×H326
ユニット/FF125WK 12cmフルレンジ
etc./ターミナル・吸音材100%ウール
内容積/10.0g
材質/本紫檀
仕上/荏油(拭き漆は g0222)


ギャラリーの展示3セットは、100時間のエージング済みです。

エンクロージャーは、「(スピーカー)ボックス」のことです。
詳しくは、エンクロージャーをご覧ください。

市販のスピーカーのほとんどが合板・MDFで作られています。
無垢材では、大きさが限られる・量産ができない・価格が高くなるなどの理由が考えられます。
スピーカーボックスの木材について

大阪唐木指物の技法でエンクロージャー設計支援ソフトを使い3タイプ本紫檀で作りました。
本紫檀の一枚板を側面から上面そして反対の側面と木目をつなげて作っています。
接合部分は、留を切り雇いサネを入れています。
前板と後板は、枠板に溝を突き加え込ませて伸び縮みできるようにしています。
全体に音漏れしないように精度を高めて作っています。

本紫檀の木目の良さ(特に一枚板の木目がつながっているのが魅力です)、
硬質木材の音の良さをギャラリーで体感してください。
今回バスレフのフルレンジで3タイプ作りましたが、当然2ウェイ・3ウェイの物やバックロードホーン型などのエンクロージャーも作れます。
しかし、紫檀の無垢材の狂い(反り・ねじれなど)を考えますと大きさ的には上記の10.0g分ぐらいが限界かなと思います。

仕上げは、荏油と拭き漆仕上げの2種類です。
拭き漆技法の詳しいことは、浅井唐木の拭き漆について、をご覧ください。

納期:約3ヶ月、注文状態や拭き漆仕上げで季節によっては、納期が伸びる場合もあります。
在庫や仕掛かりがある場合もございますので、お問い合わせください。

現代作品一覧に戻る