作品



現代作品 > Karaki Furniture スクリーン


Karaki Furniture スクリーン

f0501
サイズ/W1200×D420×H1300
材質/本紫檀・花梨
仕上/荏油(拭き漆は f0502)


花梨の5本の柱以外、本紫檀を使いました。
本来、板の入る部分には本紫檀の柾の薄板を花梨の柱に互い違いに交差させ、はめ込んでいます。
(ローボードの戸板になる部分と同じです)
薄板に削る作業とそれを磨き上げるのが、ロスが出るのとかなりの時間を要します。
大阪唐木指物の衝立に比べると板・枠・足が軽量化でき、従来のより軽くなりました。
仕上げは、荏油・拭き漆仕上げの2種類です。

拭き漆と象嵌の技法の詳しいことは、
浅井唐木の拭き漆について浅井唐木の木画・寄木・木象嵌についてをご覧ください。

納期:約6ヶ月、注文状態や拭き漆仕上げで季節によっては、納期が伸びる場合もあります。
在庫や仕掛かりがある場合もございますので、お問い合わせください。

現代作品一覧に戻る